1/144 HGUC 百式

モデルはHGUC 百式(グリプス戦役セットモデルのヤツです)

HYAKUSIKI-01.jpg

HYAKUSIKI-02.jpg

HYAKUSIKI-03.jpg

HYAKUSIKI-04.jpg

HYAKUSIKI-05.jpg

グリプス戦役セットのHGUC百式はつや消しタイプの金メッキなので、品が良く見えます。
他のモデルもコレくらいの金メッキでいいのではないかと個人的には思うわけですが・・・どうでしょう?
(HGUC百式の作成風景はこちらからどうぞ)

しかし初期の頃のHGUCがベースだけあって、カッコよさはあるけれど、ポーズの幅、可動範囲は凄く狭いです。
今のHGUCは本当によく出来ていて、時代の流れを感じます。



1/144 HGUC ガンダムMk-II

ガンプラギャラリー

モデルは1/144 HGUC ガンダムMK-II(グリプス戦役セットより)

Large Mk-II-01

Mk-II-02.jpg

Large Mk-II-03

Lareg Mk-II-04

Mk-II-05.jpg

通常に販売されているHGUC ガンダムMk-IIよりも映画版Zガンダムの劇中色をイメージした暗めの配色でキットかされているガンプラです。

なのでポージングも劇中を意識して撮影してみたのですが、いかんせんHGUC、MGガンダムMk-II Ver.2.0のようにはいかないですね。。

ちなみに作成の様子はこちらからどうぞ


HG グフカスタム(MS-07B-3)

ガンプラギャラリー

今回のモデルは、1/144 HG グフカスタム(MS-07B-3)
第08MS小隊のクライマックス、9話に登場した鬼神のごとき強さのグフのカッコよさに惹かれて作りました

しかしグフはカッコよく描かれることが多い。
ランバ・ラルや、ノリス・パッカードといったエース級パイロットが搭乗する漢のMSとして活用されるなぁ・・
MS-07B3-01.jpg

MS-07B3-02.jpg

MS-07B3-03.jpg

このグフカスタムは当時の技量を全てつぎ込み作成した記憶がある
劇中のポーズを再現できるようにと、腰を曲げる為の胴体をスクラッチしたり、肩関節と股関節の稼動部を大幅に広がるように改造、肩アーマーや脚部の幅増し、ディテールアップパーツの投入、そしてエアーブラシ塗装

このグフカスタムを作ったおかげで、かなりのガンプラ作成のテクニックを習得できました

本当に思い出深いガンプラです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。