1/100 MG ガンダムF91 Vol.2

ガンプラギャラリー
1/100 MG ガンダムF91 Vol.2

F91-06 UPあり

F91-07 UPあり

F91-08.jpg

F91-09.jpg

去年の8月くらいに発売されたガンプラでしかもMG。
HGUCとは可動の幅が大きいので、色々なポーズをとらせてみました。

それなりに絵になるので嬉しい。



1/100 MG ガンダムF91 Vol.1

ガンプラギャラリー
モデルは1/100 MG ガンダムF91

F91-01.jpg

F91-02.jpg

F91-03.jpg

F91-04 UPあり.jpg

F91-05.jpg

やっぱりMGは立ち姿も決まりますね。



MG マスターガンダム

ガンプラギャラリー

モデルはMGマスターガンダム
ガンダムの新境地を切り開いたモビルスーツ格闘アクションである機動武闘伝Gガンダムに登場する敵役のマスターガンダム。

Gガンダムに出てくるMSの中で一番好きなMSであり、
パイロットも東方不敗マスターアジアとGガンダムで随一ケレン味あふれるキャラクター。
そのマスターアジアに敬意を表して(ウソだけど)作りました。

MasterG-01.jpg
ファイティングアクションの特徴である腕組みポーズ
マスターガンダムは腕組みがよく似合う

MasterG-02.jpg
流派東方不敗の構え

MasterG-03.jpg
このポーズで自立できるのもこのガンプラの特徴

MG中でもGガンダムシリーズのMGには、ファイティングアクションという名前が付いており、稼動範囲はかなり広く、関節も強めの設計でポースの保持力も抜群

綺麗に塗って飾るよりは、ガシガシ動かして遊ぶために作られたガンプラですね

MG ゲルググ(YMS-14)

ガンプラギャラリー

MGゲルググ(YMS−14)
YMS-14-06.jpg
シャア専用ゲルググとしてリリースされたガンプラを、アナベル・ガトー専用機にリペイント

YMS-14-04.jpg
武装もビームライフルに加えて、ジャイアントバスを持たせています。1996年の作成当時はMGドムが発売されていないので、MGザクのバズーカと、旧1/100グレードのドムのジャイアントバスーカの2個を使い作成。

YMS-14-03.jpg
OVA0083本編にはこんなシーンは有りませんけどね。

YMS-14-02.jpg
プロローグではライフルとサーベルの同時使用をしていました。

YMS-14-01.jpg

YMS-14-05.jpg
このアングルが一番カッコイイ。お気に入りの1枚です。

MG ゼータガンダム

ガンプラギャラリー

今回のモデルはかなり昔に作ったMG Zガンダム
MG-Z-01.jpg
昨年新訳Zガンダムの劇場版が完結し、今でこそVer.2.0が発売されているのだけど、コイツはMG創成期のVer.1.0
それでも1996年当時の技術の粋を結集して設計されていて、
差し替えなしでウェーブライダー形態へ完全変形が可能。
(でも実際に変形させようとすると。。。非常にデリケートな関節なのでとても出来ません・・・壊れそうだし・・・)

MG-Z-02.jpg
ハイパーメガランチャーも付属されている、フル装備のガンプラです


劇場版のようにロングビームサーベルを構えることも可能
MG-Z-03.jpg

ZガンダムVer.1.0は差し替えなしの完全変形とプロポーションの両立を目指したガンプラなので、現行のVer.2.0のような稼動範囲と関節強度を持ち合わせていません。
なのでポージングの選択肢が非常に少なかったです

ウェーブライダーへの変形が醍醐味なんですが、怖くて変形させられない・・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。